社会人のドラゴンクエストライバルズ攻略日報

DQ好きのスマホTGC初心者がドラゴンクエストライバルズを頑張ります。本ブログに使用されているゲーム画像は権利者による著作物です。(c)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

DQライバルズ レジェンド達成へ向けて

多くの人にとって最初の目標となるレジェンドですが、中々達成出来ずに困っている人も多いと思います。基本的にネットにある情報は「◯◯が壊れカードです」「このデッキで◯勝しました」なので、プレイの仕方が分かりません。「序盤は盤面を取って戦い〜」の「盤面を取る」のやり方が分からないとそのデッキの力を100%を発揮することは難しいのです。

また、プレイが見られるYouTubeなどもありますが、配信している上級者はすでに初心者には難解な思考になっており、いきなり真似るのは困難です。

 

自分はまだランク100位台で、ランキングは月初めにたまに載る程度です。プレイ時間の関係もあり月末にランカーを維持しているのは難しいですが、DTCG初心者だった最初に比べると少しは成長したと思います。それなりに試行錯誤もしたので「上級者との戦いになると複雑だけど、レジェンド目指すくらいならこうやるの良いよ」という自己体感を書こうと思います。細かなことは一気に書けないので、今回は概要だけです。

 

運の要素

このゲームはデッキ構築プレイングが重要ですが、100試合やった時に運の占める割合は少ないです。将棋ほど実力勝負ではありませんが、ババ抜きほど運ゲーではありません。1ゲームにおけるトップ勝負はありますが、1ヶ月期間が設けられてるランクマッチにおいて、「運が悪くてレジェンドになれなかった」はありません。大事なのはデッキ構築とプレイングなので、安心して腕を磨いてください。

 

デッキ構築

自分でデッキを作ることも楽しみの一つですが、「勝てるデッキを作る」は難しいです。デッキ構築については奥が深いので別途書きますが、行き詰まったら、自分より上手い人に相談しましょう。その際は使いたいカード、キャラを伝えると良いと思います。あとは謙虚になって試しましょう。どのゲームにも「アドバイスをください」と言っておきながら、理由をつけて取り入れない人が一定数います。上達の機会を失っていて勿体ないです。

 

相談相手がいなかった場合、ネットのデッキを参考にします。その際「参考にした30枚にアレンジを加えない」ことが重要です。すぐオリジナリティを求める人がいますが、自分の勝率を上げたいがために真似たのなら、作り手の30枚を信じるべきです。そして数をこなしてください。「弱い」と判断するのに1戦、2戦では足りません。適切に判断出来るならレジェンドはすでに通過しているはずです。

活躍するデッキは「その時の最良な30枚」で構築されています。デッキに変更が必要な時は「メタゲーム(環境の流行り)」に合わない時です。まずは30枚を信じましょう。そして同じデッキを使い続けることを推奨します。色々なデッキを回すのはその先です。相手を知る前に己を知りましょう。

 

簡単なデッキを使う

簡単なデッキという表現は悪いイメージがあるかもしれませんし、使い手は実力を否定される気がして嫌な気分になるかもしれません。

しかし、安定力があり、マナカーブが良い美しいデッキだと思います。デッキの100%の力を出すことは難しいけど、70%なら誰でも出せるようなデッキが簡単なデッキだと思います。決してやり込み要素が無いデッキではありません。

 

奇数ミネアに変えた瞬間勝てた」みたいな経験がある方もいると思います。それはデッキの構成上、奇数ターンに強い動きが確約されており、基本的に中盤2アクションが取れない、使えるMP内で手持ちの1番大きな奇数カードを叩きつける。という強制ギプス内蔵だからです。環境の中で選りすぐりの強力な奇数カードをプレイするので何を出しても強いことが多いです。強いデッキを強く使いやすい構成なのだと思います。

逆にテンポゼシカのような選択肢がありすぎるデッキは避けた方が良いです。上手く使えるのうになるまで時間がかかりますし、無限にミスれます。

 

MPを使い切る

ライバルズは1ターンの行動制限があるので、テンションを溜めるということを考えた上でMPを使い切るようにプレイを心がけます。難しいのはMP4ある時にMP3+テンションかMP4をプレイするかのような選択肢ですが、同じデッキを使い続けて試していくのが良いと思います、その後の展開的にどっちが良かったかを後で考えます。負けた時に振り返ることが重要です。試して覚えることをやってない人が多いです。ドローの一喜一憂はプレイング向上するフェーズでは不要です。

 

強いカードを出す

どのゲームもコストが高いカードが強いです。特にライバルズは覆すことが難しいゲームになっていると感じます。多くの場合、2コストを2体展開するよりも4コストを叩きつけてください。1ターンにたくさんプレイした方が上手いように見えますが、まずは1番高いコストを叩きつけることからやっていった方が良いと思います。5コストのカードは5ターン目に出すのが1番強いことがほとんどです。

また、低コストを2体除去するよりも、高コストを除却する方が難しいゲームバランスです。高コストには除去を強制させる能力持ちが多いため、ゲームプランの優先権を取りやすいメリットもあります。

 

正直これは極論で何も考えずにようじゅつしを5ターン目に出すのはダメなプレイですし、ジャガーメイジを3ターン目に叩きつけて何も起こらないのは良くありません。プレイするカードに迷って下手なプレイを選択してしまうくらいなら、強いカードを叩きつけた方が良い事が多いという自己指針です。慣れてくるとカードの役割、カードの寿命を意識して、より高いレベルの構築、プレイングが磨かれていくと思います。

 

まとめ

強いデッキを持って、強いカードを強いタイミングで使う。上手い人は強いデッキを作れるし、強いタイミングを知っていて判断出来るのだと思います。初心者のうちは制約やルールを設けてそれらを、掴んでいきましょう。

ダイアモンドランクが新設されますが、来期もレジェンドになれますように。