社会人のドラゴンクエストライバルズ攻略日報

DQ好きのスマホTGC初心者がドラゴンクエストライバルズを頑張ります。本ブログに使用されているゲーム画像は権利者による著作物です。(c)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

DQライバルズ 花嫁杯振り返り

花嫁杯が終わるので振り返りをしてみます。

頻繁に話題になる「ダイヤモンドは必要だったか」については、いろはすさんが書いた記事とほぼ同意見です。非常に頷ける内容でした。まだの方は是非ご一読ください。

【DQR】ダイヤモンドランク実装は果たして必要だったのか、今後への期待 - 女子でも楽しい!カードゲーム奮闘記

 

レジェンドになるには何が必要だったか

レジェンド達成にはいくつか必要なものがあります。花嫁杯は時期によってそれが顕著に現れました。

  • 実力
  • 妥協
  • 時間
  • デッキ

 

実力

ババ抜きではないので実力が必要になります。「実力がある人がレジェンドになる」それは当たり前で良いことですが、花嫁杯に関してはあまり関係がない時期がありました。ナーフ前のドラムトルネコです。

f:id:gamer-koharu:20180331145052p:image

ドラムトルネコが強かったのはたたかいのドラムよりもアロードッグはがねのそろばんによるボードの支配力だと思いますが、「簡単に勝てる」点でいうと「もみじこぞう」と「たたかいのドラム」が担っていました。

 

2枚のナーフが出たテンポゼシカも大概でしたが、お手軽感はドラムトルネコです。

※ドラムトルネコに技術介入が無いという話では無いです。お手軽感も併せ持つという話です。

 

2枚のコンボを止めるため、もみじこぞうに対する解答をデッキに用意することがほぼ必須となりました。メタゲームによってデッキを変えるのも実力ですが、ドラムトルネコはやりすぎた環境支配力でした。

 

そして上手いプレイヤーが使ったドラムトルネコは絶望的でした。この辺はデッキの強さよりもトッププレイヤーの実力なので環境の良し悪しではありません。

 

妥協

明確に強いデッキがある中で勝つには、そのデッキをメタるか、強いデッキを使うことです。

「キャラ愛」が強いプレイヤーにとっては厳しい環境になります。「キャラ愛」ってそういうものかなと思いますが、「ドラムトルネコテンポゼシカの中で貫いてレジェンドになってね」は少し厳しいお題に感じます。レジェンドを目指すため、妥協してトルネコを使った方も多いと思います。

 

時間

レジェンドになるには時間が必要です。「時間は関係ない」というプレイヤーもいると思いますが、単純に階段が増えたので、確実に以前より必要です。運の要素をマッチ数で補う必要もあるため、今まで月末ぎりぎりレジェンドになるくらいの時間しか確保出来ていないプレイヤーにとっては花嫁杯は厳しかったと思います。

「自分はそんなに時間かからなかったけど」という人は、相当上手いので自信を持ってください。「自分は上手いから時間かからないけどね」と心の中で思っていて大丈夫です。自分を誇ってください。様々な理由がありダイヤモンドからレジェンドになれなかった方にマウントを取る必要はありません。

 

私は実力があるプレイヤーでは無かったので厳しかったです。仕事から帰ってきて深夜1時からドラムトルネコの相手をするのはハッキリ言って苦行でした。

 

デッキ

レジェンドになるためにはデッキ選択も重要です。ナーフ後はデッキ選択の幅が広がりました。ドラムトルネコテンポゼシカの支配が終わり明確なアグロ環境へ突入していきますが、様々なデッキを構築したデッキビルダーの方達を尊敬します。私はギルドメンバーにデッキをもらいました。メタゲームにマッチした非常に強いデッキで、連勝を重ねることが可能でした。こういうデッキを作成出来るのもプレイヤースキルであり、レジェンドになるために必要な能力だと思います。ゲームによってはデッキビルダーとして有名な人もいるので、ライバルズもデッキビルダーの名前が広まれば良いなと思います。

 

最後に勝つには運が必要です。「クリフトのザキが当たる」はデジタルカードゲームらしい運要素です。非常に良いと思います。

f:id:gamer-koharu:20180331153412j:image

「トップデッキがメラゾーマで負けた」というのは半分違います。「メラゾーマにアクセスすれば勝てる状況まで持ち込む実力」でもあります。「何を引くか分からない状況」で確率と読みでゲームプランを組み立てていくのが個人的な醍醐味です。「運で負けるのが嫌なら将棋をやれば良い」というのは真っ当な意見ですが、カードゲームをやっている人は、各々が思う醍醐味があるのだと思います。花嫁杯で度々話題になったミネアに関しては「カードゲーム的にアリ」だと思っています。

 

運はカードゲームの醍醐味なので(私は思っているので)ゲーム中の運は良いのですが、「先手を取る運」というのは本質ではありません。アグロ一強だとコイントスで決まるゲームも出てきてしまいます。あまりにもそのようなマッチアップが多いと「運ゲー」となります。

現在、花嫁杯後半はアグロ環境になっています。アグロをメタったデッキが活躍出来ているため、環境はまだ健全だと思いますが、ライバルズが先手ゲーにならないことを願います。

 

※過去某カードゲームで先手の1ターンキル率が90%を超え、コイントスが勝敗を分ける時代がありました。それならカードゲームでは無く別ゲームをやった方が良いですね

 

次回のランクマッチ

来月もレジェンドを目指すかというと、きっと目指していると思います。疲れたので目指すのをやめたい気持ちもありますが、きっと目指しています。レート制に近いルールが導入されるらしいですが、レジェンドになってからのポイントの話です。

f:id:gamer-koharu:20180331162536p:image

レジェンドがゴールの人にはそれほど関係のない制度です。レーティング制度をしっかり導入して、一定のレーティングに達している人を月末にレジェンドにする方が良いと思いますが、「プレイをしない」選択肢が生まれるので中々難しいですね。せめてダイヤモンドストッパーを付けてくれたらなと思います。