社会人のドラゴンクエストライバルズ攻略日報

DQ好きのスマホTGC初心者がドラゴンクエストライバルズを頑張ります。本ブログに使用されているゲーム画像は権利者による著作物です。(c)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

DQライバルズ 夢幻杯 レジェンド

夢幻杯レジェンド到達しました。

f:id:gamer-koharu:20180819162241j:image

ゆっくりやっていましたが、闘技場に第4弾「モンスターもりもり物語」が先行登場しているため、闘技場プレイのため終わらせておきました。使ったデッキは、アグロゼシカ、アグロピサロです。

f:id:gamer-koharu:20180819162229p:image
f:id:gamer-koharu:20180819162235p:image

アグロ選定理由

正直今の環境はプライング介入要素が少なく、中盤、終盤のやりとりをする価値が少ないと感じています(アカリリス、マイユの存在です)

このような環境の時に、同じ役割を持つカードで構成されていて、安定した周りをすることができ、さらにゲームを早々に終わらせることが出来るアグロは最適です。

アグロと聞くと拒否反応を起こす人がいますが、80点を出すには良いデッキであり、100点を出すにはコンバットを学ばないといけない良いアーキタイプだと思います。

嫌う人の多くが、対策が甘くて負けているか、使っていても85点、90点の動きを出せないコンバットの甘さがあると思います。

※対応が限られており、アグロ同士の先手ゲーは拒否される環境であるべきだと思います。そしてアグロピサロに関しては私は否定的です。

 

アグロゼシカとアグロピサロ

アグロといっても様々なキャラで存在します。今だとアグロテリーが流行っていますが、個人的にはアグロピサロの方がメタ的な立ち位置が良いと判断して使用しました。正直レジェンド到達くらいなら大差はありません。ランク帯によってメタが違うので前半はアグロゼシカ、後半はアグロピサロとしました。それぞれを比べた時のメリット、デメリットとピックアップして理由を書きます。

 

アグロピゼシカ

メリット
  • テンションスキルが強力
  • メラミ、メラゾーマで盤面干渉が出来る
  • 直接プレイヤーダメージが多い
  • ピサロよりもカード選択肢は広い

 

デメリット
  • 1:1交換で後半にもつれ込むとほぼ負け
  • ライフ計算がされやすい
  • 2コストまではタフネス2が多い
  • 良スタッツモンスターのデメリットを直に受ける

 

メリットは器用だと言うことです。テンションスキル、メラミなどの存在によってゼシカは盤面にさわれます。ピサロはほぼさわれません。ゼシカの方が相手ユニットの影響を受けにくく、におうだちなどに苦労することも少ないです。テンションスキルが強力なため、ベビーパンサーシルビアなどのカード選択が出来ます。

 

弱みはカードアドバンテージを得るカードが無いため、1:1交換をされつつ、ライフを回復されるとほぼ負けな点です。リーサル圏のライフ計算がされやすく、瞑想シーメーダなどで安全圏に持っていくタイミングを読まれやすいです。ミミックニードルマンに存在するデメリットでカードアドバンテージの差がつくため、相手はタロットシャッフル等も比較的躊躇い無く使えます。

 

ユニットに関してはHP2が多いため、かえんムカデいやしの雨アロードッグといったプレイアブルなアンチカードが多数存在します。中でもただでさえ苦手なトルネコのアロードッグが刺さるのは致命的で、環境にトルネコが多いと厳しいゲームが続くことになります。

 

盤面にさわれ、汎用性の高いゼシカですが、ユニットばかり捌く訳にはいかないので、ゼシカの方がダメージ管理をしっかり行い、判断力が求められる印象です。

 

アグロピサロ

メリット
  • どくやずきんのHP3
  • 良スタッツモンスターのデメリットをメリットに変換
  • ライフ計算がされにくい
  • ゲマの存在
デメリット
  • テンションスキルが弱い
  • 盤面干渉出来ない

 

どくやずきんゲマの存在によってミミックニードルマンのデメリットがメリットに変わります。HPも3であり、アグロが苦手としている2点ダメージの影響を緩和することが出来ています。この2枚の存在で多少長期戦も戦えます。リーサルのライフ計算もされにくく、回復アクションの的確なプレイをされにくいのもアグロゼシカより優れている点だと思います。

デメリットはとにかくテンションスキルが弱いのと盤面にさわれない点です。「やりたい事を押し付けるがムラがある」デッキです。どくやずきんゲマが特別な役割を担うため、これらのカードの引きに左右されます。シナジーデッキに近いので、上振れ、下振れはアグロゼシカに比べてこちらの方が大きいです。盤面に撃ち込むスペルが無いため、回すのは簡単だと思います。

 

選択

盤面の処理とコンバットで負けない自信があったり、相手がどんなデッキか読みにくい環境ならアグロゼシカの方が安定します。ダイヤ3くらいまではアグロゼシカにしました。

ダイヤ2くらいからアリーナとトルネコ、ククールが増えたため、アグロピサロにしています。これらのキャラはテンションスキルで手札が増えたり、どんぐりベビーなど手札を増やすアプローチが採られるため、こちらのコンセプトとかみ合いやすいです。アロードッグとうこん討ちいやしの雨に負けないHP3は偉大ですね。

 

最後に

アグロは良いデッキでだと思いますが、個人的にアグロピサロは良くないデッキだと思います。それはゲマの存在です。

カードゲームの醍醐味はドローだと思っているので、それを阻害するのは良い体験だと思っていません。大抵のゲームに存在していて、ロックデッキ愛好家もいるので好みは分かれると思いますが、今のライバルズのプレイアブルなカードで、ゲマを捌ける頻度を考えるとちょっとなーと思います。